会則・諸規程

第1条

本会は愛知県立半田同窓会について高等学校同窓会と称し、その事務局を同校内に置く。

第2条

本会は会員相互の旧交を温め、親睦をはかり母校との連絡及びその後援を目的とする。

第3条

本会会員を分け、次の2種とする。

1)普通会員

愛知県立半田同窓会について高等学校 卒業生
前記学校に在学したことのあるもので、本人の希望により常任幹事会の承認をえた者。

2)賛助会員

愛知県立半田同窓会について高等学校 旧職員
前記 現職員

第4条

本会に次の役員をおき、その任期は総会後の4月1日より5ケ年とする。但し留任は妨げない。
なお、任期内に役員が諸事情等で職務の継続が困難な場合、役員会において代理人をたて、幹事会の承認をとった上、その職務を代理人が行なう。

名誉会長 1名 母校校長
会長 1名 普通会員より総会に於て選出し、会務を総らんする。
副会長 2名 普通会員より総会に於て選出し、会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代行する。
書記 2名 普通会員より総会に於て選出し、会運営に関する事項を記録する。
会計 2名 普通会員より総会に於て選出し、金銭、物品の出納を行なう。
監査 2名 普通会員より総会に於て選出し、会計記録の確認を行なう。
相談役 若干名 役員経験者および本会に功労のあった者から会長が委嘱し会務に関してその諮問に応ずる。

第5条

本会に次の幹事をおき、その任期は原則として終身とする。

常任幹事 若干名 各回幹事より会長が委嘱し、企画及び運営を行なう。
幹事 若干名 各回各科毎に推せん者を会長が委嘱し、同期会員に関する連絡及び 事務を処理する。

第6条

会長は必要に応じ、常任幹事会又は幹事会を召集し、会の企画及び運営について協議する。

第7条

定期総会は5年に1回開く他、必要に応じ臨時総会を開くことがある。

第8条

本会の経費は普通会員の入会金(1,500円)、終身会費(4,000円)及び寄付金をもってこれにあてる。

第9条

本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。会計報告は毎年幹事会に於て行なう。

第10条

会員の慶弔等については別に定める内規にもとづいて役員会で決定する。

第11条

本会の会則は総会の決議によらなければ変更することができない。

平成28年2月11日(改正)

このページの先頭へ